2016年11月25日

小池百合子都知事様 まさか、トカゲのしっぽ切りで終わらるのではないでしょうね。最高責任者の石原慎太郎氏問題、自民都議と受注企業の癒着問題、これからですよ。【豊洲・築地工事 自民都議に受注3社献金 都議会市場移転特の委員長 赤旗】


豊洲・築地工事 自民都議に受注3社献金 都議会市場移転特の委員長 6年間217万円



 東京都議会豊洲市場移転問題特別委員会の山崎一輝委員長(江東区選出)が、豊洲新市場工事(江東区)や築地市場解体工事(中央区)を受注した3社から、2010〜15年の6年間に計217万円の献金を受けていたことが24日、本紙の取材で明らかになりました。豊洲新市場の工事入札をめぐっては、落札率が99%以上と異常に高いなど談合疑惑が問題になっています。

 山崎氏が代表をしている自民党東京都江東区第三十三支部は、豊洲市場青果棟工事を14年に受注したTSUCHIYA(東京本社・江東区)から6年間に計36万円、青果棟工事と5街区の土壌汚染対策工事を11年に受注した新日本工業(本社・江東区)から計81万円の献金を受けました。また、築地市場の水産仲卸売場棟の解体工事を受注(16年7月)した有明興業(同)から計100万8000円の献金を受けていました。

 本紙の問い合わせに、TSUCHIYAは「江東区内の企業として、それなりのお付き合いをさせていただいている」と回答しました。

 有明興業は「自民党の政治活動に対する支援として、法令に基づき政党支部に少額ながら寄付をしている」と説明。築地市場の解体工事については「弊社はJV(共同企業体)の3番手であり、入札価格の算定に関与していない。この件で政治家に依頼をしたことはない」としています。

 一方、山崎事務所と、新日本工業は回答を拒否しました。

 豊洲市場移転問題特別委員会は10月に発足し、山崎氏は委員長に就任しています。

2016年11月25日(金) 赤旗より転載


posted by さとやん at 21:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森田健作知事様 中国電力とJFEスチールは、千葉市に出力100万キロワットの石炭火力発電所を共同で建設する計画を発表した。地球温暖化を促進し、喘息など健康問題が懸念される。建設をしないよう行政指導をもとめる。明るい会





                         2016年11月24日
千葉県知事 森田健作 様  

      

              憲法がいきる明るい千葉県をつくる会
              代表委員        三輪 定宣 



 日ごろの県民のための県行政の推進について、敬意を表します。
 さて、「憲法がいきる明るい千葉県をつくる会」は、県民本位の県政と県民のくらしを良くするため、活動しています。
 つきましては、下記要請課題につきまして、12月16日(金)に誠意ある回答をよろしくお願いします。


    記


 12月県議会に向けた知事要請課題


@ 木更津市へのオスプレイ配備計画を撤回するよう国に申し入れること。成田空港を軍事利用しないことに関しては、1972年当時の三者協定の取極書・協定を遵守すること。


A 中国電力とJFEスチールは、千葉市に出力100万キロワットの石炭火力発電所を共同で建設する計画を発表した(11月17日付け日経)。石炭火力発電所は、地球温暖化問題と喘息など健康問題が指摘される最悪の発電所です。県として、環境と健康を守る観点から建設をしないよう行政指導をすること。


B 公契約条例や住宅リフォーム助成制度を確立すること。また、労務単価引き上げ効果が現場労働者に反映されるよう行政指導すること。


C 32年に及ぶ明治乳業賃金差別争議(明治乳業市川工場等)の話し合い解決を促進するため、県として行政指導をすること。東京電力、新日鉄,東芝など他の大企業の同種の労働争議はすべて話し合いで解決している。





posted by さとやん at 21:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小泉純一郎政権下の2004年の年金改革で、竹中平蔵経済財政担当大臣が旗振り役と なって成立した「100年安心年金」は、どうしたの?自民党と公明党は説明せよ。【年金制度改革法案 衆院委で可決 日テレ 】

年金制度改革法案 衆院委で可決

 年金支給額の上昇を抑えるため物価が上がっても賃金が下がれば年金額の削減を可能にする年金制度改革法案が民進党などが反発する中、25日午後、衆議院の委員会で採決された。

 怒号が飛び交う中、採決された年金制度改革法案は自民・公明・日本維新の会の賛成多数で可決した。民進党などは塩崎厚労相に対する不信任決議案の提出を検討するなど反発を強めているが、与党側は29日の衆議院通過を目指している。

 これに先立つ審議では、民進党議員の年金3割カット法案との批判に対して安倍首相が声をあらげて反論する場面があった。

 民進党・柚木道義議員「この“将来年金3割カット法案”を、強行採決をすると。そういう提案がすでになされております。今と未来の年金生活者を完全に無視することになりますよ」

 安倍首相「こんな議論をやってたんじゃ、何時間やったって同じですよ。確かに、そうやって非難すれば、年金に対する、我々の法案に対する不安をあおるかもしれませんが、皆さんだって、決して皆さんの信用は上がることはないですよ。はっきりと申し上げておくけど、民進党の支持率が上がるわけではないんですよ」

 年金制度を将来にわたって維持するためにどうするべきなのか。与野党の水掛け論が続いたまま法案は参議院に送られることになりそうだ。

日本テレビ系(NNN) 11/25(金) 17:46配信 より転載


posted by さとやん at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これはひどい!【次期衆院選 野党統一なら支援せず 民進、社民に申し入れ 連合福島 福島民報 】 野党統一を求めている市民連合は、(1)安保法制の廃止(2)立憲主義の回復(3) 人間の尊厳を守る政治の実現が基本理念ですよね


次期衆院選 野党統一なら支援せず 民進、社民に申し入れ 連合福島

 連合福島は23日までに、民進、社民両党県連に次期衆院選で共産党県委員会との共闘を見送るよう文書で申し入れた。野党統一候補を擁立する場合は民進、社民両党の公認候補を支援しないとの考えを示した。国会では早期解散の見方もあるとして、連合福島は来月中をめどに民進、社民両党県連の意向を確認したい考えだ。
 今夏の参院選本県選挙区では安全保障関連法の廃止などを掲げた民進、共産、社民各党の野党統一候補として民進党現職が自民党現職に勝利した。
 連合福島は申し入れの中で「参院選(での共闘)は法案阻止などのためであり理解できる」とする一方、「衆院選は政権選択を大前提にしており、野党統一候補は常識的に存在しない」と指摘。衆院選で共産党県委員会と共闘すれば「支援体制から事実上撤退する」とした。
 連合福島の今泉裕会長は福島民報社の取材に対し、「参院選後、共産党との野党共闘について組織内からさまざまな意見があった。次期衆院選に向け、これまでの連合福島、民進、社民両党県連による三者協議会での協力関係の維持に向けた意思表示を明確にすべきと判断した」と語った。
 民進党県連の亀岡義尚幹事長は「重く受け止めたい」とし、野党共闘に向けた党本部の決定を注視しながら検討する考えを示した。社民党県連の紺野長人代表は「党県連で協議を進めたい」と語った。
 共産党県委員会の久保田仁委員長は「民進、社民両党県連には有権者の目線で安倍政権打倒などの実現に向けた判断をしてほしい」とし、今後も共闘を目指す意向を示唆した。

( 2016/11/24 09:09 カテゴリー:主要 ) 福島民報より転載
posted by さとやん at 10:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。