2016年11月26日

これが安倍政権だ!!【鶴保庸介沖縄担当相の新たな疑惑が!まさに政治とカネの疑惑まみれ。土人発言擁護だけでも十分辞任に値するのに、こんな大臣のクビも切らず、重要な沖縄対策を任せている安倍政権は国民をなめているとしか思えない。 リテラ】






政治資金収支報告書公表で鶴保庸介沖縄担当相の新たな疑惑が! 2015年にも名義偽装の巨額パーティ券代受け取り



 25日、総務省が国会議員の2015年分政治資金収支報告書を公開したが、鶴保庸介沖縄担当相の新たな"政治とカネ"疑惑が明らかになった。賄賂疑惑と名義偽装が取りざたされた相手から2015年も巨額のパーティ券を購入してもらっていたのだ。


 鶴保沖縄担当相といえば、大阪府警起動隊員の沖縄県民への土人発言を「差別と断じることはできない」と述べ、大きな問題になったが、その少し後の20日、毎日新聞のスクープによって、国交副大臣時代、国交省所管の観光庁が補助金を出したNPOの副代表Aにパーティ券を購入してもらっていたことが報道された。

 このAは自分が副代表をつとめるNPOが補助金事業に応募する直前の2013年1月、鶴保のパーティ券200万円を購入し、鶴保と面会をしている。さらに補助金対象になることが決まった後の同年10月にA名義で100万円分、追加補助が決まった翌月の14年3月には、Aが代表をつとめる別のNPO法人が150万円分を購入している。その経緯をみると、補助金の見返りという賄賂のにおいがぷんぷんしてくる。

 しかも、その手口もかなり悪質だった。13年1月の200万円は、Aの名義ではなく、Aの買収した破産手続き中のホテルの旧名義と、知人の公認会計士の名義のふたつにふりわけてられていた。Aは両方とも実際は自分の購入であったことを認め、「(鶴保の)秘書から何度も頼まれた」と毎日の取材に答えていた。

 政治資金規正法では〈政治資金パーティーを開催する者は、一の政治資金パーティーにつき、同一の者から、百五十万円を超えて、当該政治資金パーティーの対価の支払を受けてはならない〉と定められ、他人の名義偽装も禁じられている。ようするに、このパーティ券購入は上限150万円逃れと名義偽装という重大な政治資金規正法違反なのだ。

 この問題について、国会で追及された鶴保沖縄担当相は「私や事務所が口利きをしたことは一切ない」「秘書が働きかけた事実もない」などと全面否定していた。

 しかし、昨日、公表された鶴保の資金管理団体「鶴翔会」の政治資金報告書を見ると、また同じような手口でパーティ券を購入してもらったことが分かったのだ。

 まず、鶴保は2015年4月3日にシェラトン都ホテルで「鶴保庸介くんと語る会 東京」なる政治資金パーティを開いているのだが、この際、Aが代表をつとめる別のNPOが100万円、さらにA買収のホテルと同じ所在地の会社役員の女性が100万円を購入している。

 2015年10月9日にスイスホテル南海大阪で開かれた政治資金パーティー「鶴保庸介くんと語る会 大阪」のほうでも、同じ名義でそれぞれ、150万円と50万円のパー券を購入の記載がある。

 これらも上限150万円を逃れるための名義偽装である可能性は高いし、しかも、こうした別名義を駆使したパーティ券購入を継続している裏にはやはり、鶴保の事務所との共謀や補助金の見返りがあったとしか思えない。

 鶴保は、自民党観光立国調査会の事務局長となり、外国人観光客向けの免税対象品目拡大に取り組んだ時期に、やはり利害関係者である免税店社長から自社の役員名義で購入代金100万円のパーティ券を受け取っていたことも明らかになっている。しかも、この会社社長が前年に法人税法違反容疑で逮捕されていた。この会社社長は件のNPO副代表からの紹介でパーティ券を購入していたことがわかっている。

 まさに政治とカネの疑惑まみれ。土人発言擁護だけでも十分辞任に値するのに、こんな大臣のクビも切らず、重要な沖縄対策を任せている安倍政権は国民をなめているとしか思えない。
(編集部)
2016年11月26日 15時00分 リテラより転載




posted by さとやん at 20:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オスプレイは日本から出て行け!!【木更津は米戦略の一翼 斉藤氏、オスプレイ整備批判 衆院決算委 木更津市が求める協定締結も住民説明会も行われていないことを指摘。運用開始はやめ、オスプレイ配備を撤回するよう求めました。赤旗】




木更津は米戦略の一翼 斉藤氏、オスプレイ整備批判 衆院決算委

 日本共産党の斉藤和子議員は21日の衆院決算行政監視委員会で、自衛隊木更津駐屯地(千葉県)で来年1月から運用開始予定のオスプレイ定期機体整備について質問し、同駐屯地が整備面でも米軍の世界戦略の一翼を担うことになるという重大な問題が浮き彫りになりました。

 斉藤氏の質問に防衛省は、米海兵隊普天間基地(沖縄県)配備の24機を念頭に(1)米軍オスプレイは5年に1回定期整備が義務付けられている(2)1機あたりの整備期間は3〜4カ月、年間5〜10機程度(3)日本での定期整備は初めて―だと明らかにしました。

 斉藤氏は「オスプレイは日本以外で整備を受けていた。沖縄の負担軽減ではなく、新たな負担の押しつけだ」と批判しました。

 同駐屯地は、日米地位協定にもとづく米軍管理の日米共同使用基地ですが、米軍が駐留していない航空施設が日米共同の基地として指定されているのは木更津だけです。その背景には、米軍が同駐屯地を「不可欠」な基地と位置付けてきた歴史的経緯があることも明らかになりました。

 斉藤氏は、同駐屯地で定期整備を行う富士重工業が契約した相手は、グアムからペルシャ湾にいたる米海軍、海兵隊機の整備を行う西太平洋艦隊即応センター(FRCWP)だと指摘し、「訓練だけでなく整備でも日米一体化を進める重大な問題だ」と批判。木更津市が求める協定締結も住民説明会も行われていないことを指摘。運用開始はやめ、オスプレイ配備を撤回するよう求めました。

2016年11月26日(土) 赤旗より転載


posted by さとやん at 20:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あああ!【「稲田防衛相は頼りない」 自衛官募集ビラに滲むホンネ バカンス風のド派手な衣装で現れ、ヒールのある靴で護衛艦内を闊歩されてもねえ。とても命を預けようという気にはなれません。ゲンダイ




「稲田防衛相は頼りない」 自衛官募集ビラに滲むホンネ 

これが自衛隊員のホンネ? ゲンダイ


「稲田防衛大臣(女性)は少々頼りないですが」――案外これが、自衛隊員22万人の本音じゃないか。自衛隊秋田地方協力本部大館出張所の40代の男性隊員が、稲田大臣を揶揄する自衛官募集のビラを配布した問題。防衛省は「極めて遺憾」(武田博史報道官)などと釈明に追われているが、ある陸自関係者は半笑いでこう明かす。

「地本(地方協力本部)は1人でも隊員を増やすのが至上命令で、各都道府県にある地本はどこも必死です。募集ビラの内容も地本の裁量に任されていて、若者ウケしようとノースリーブの制服を着た“萌えキャラ”のイラストを使ったりすることもある。つい行き過ぎて、本音が出ちゃっただけじゃないですか」

 問題のビラは稲田大臣を「頼りない」と揶揄しつつ、「頼れるあなたはぜひチャレンジを!」と皮肉たっぷりだ。

「内局(防衛省)にも制服(自衛隊)にも、口を出したり顔を出していた軍事オタクの石破茂元大臣に比べたら、稲田さんの方がみこしが軽くて扱いやすいそうです。ただ、稲田さんは極度の目立ちたがり屋で、自衛隊のイベントにすぐ顔を出したがる。それも1日でいいのに2日連続で来たりするから、対応に追われる現場はいい迷惑らしい。バカンス風のド派手な衣装で現れ、ヒールのある靴で護衛艦内を闊歩されてもねえ。そのくせ、国会で野党から追及されたら半ベソをかく。とても命を預けようという気にはなれません。幹部はともかく、不満タラタラの現場の隊員は『よく言ってくれた』だと思いますよ」(元海自幹部)

 頼りないのは「女性だから」という理由ではないだろう。

2016年11月26日)日刊ゲンダイ より転載




posted by さとやん at 20:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山口代表よ、常在戦場と言っても、「平和の党」「福祉の党」の看板を投げ捨てた党に未来はありませんね。【「年明けからは衆院選も常在戦場」 公明・山口代表 朝日 】


「年明けからは衆院選も常在戦場」 公明・山口代表


■山口那津男・公明党代表

 年明けからは衆院選も常在戦場だ。全ての戦いに勝利していこう。

 12月、ロシアのプーチン大統領が訪日する。領土問題の着実な前進を図り、経済協力とともに平和条約締結に向けた歩みが進むことを期待する。

 年金制度改革法案は世代間の支え合いを盤石にするため、今国会で成立させなければならない。(党会合で)

2016年11月26日16時31分 朝日より転載


posted by さとやん at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あれっ!山口代表よ、「100年安心年金」と自慢していたのは、「福祉の党」でしたよね。 【 公明 山口代表 年金制度改革法案は会期延長で成立図る考え  NHK 】


公明 山口代表 年金制度改革法案は会期延長で成立図る考え


公明党の山口代表は党の会合で、25日に衆議院の委員会で可決された年金制度改革関連法案について、「将来の年金水準が低下しないように万全の備えを講じるものだ」と述べ、来週30日までの今の国会の会期を延長して成立を図る考えを示しました。




年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案は25日、衆議院厚生労働委員会で、民進党などが抗議する中、採決が行われ、自民・公明両党と日本維新の会の賛成多数で可決されました。
この法案について、山口代表は党の会合で、「不測の経済状況が今後起きたとしても、将来の年金水準が低下しないように万全の備えを講じるものだ。世代間の支え合いを盤石にするためにも、今国会で成立させなければならない」と述べ、来週30日までの今の国会の会期を延長して、成立を図る考えを示しました。
また、山口氏はTPP協定について、「アメリカのトランプ次期大統領が離脱を表明し、見通しを語れる状況にはないが、日本が世界の自由貿易体制をリードしていく必要がある」と述べ、国会承認を求める議案と関連法案も成立を目指す考えを強調しました。
一方、山口氏は衆議院の解散・総選挙について、「年明けからは常在戦場だ」と述べ、党勢の拡大に向けて、万全を期す考えを示しました。

11月26日 15時28分 NHKより転載


posted by さとやん at 19:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。