2017年01月31日

自由の女神が泣いているよ。これじゃ、スターリンの粛正と同じですね。【トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後にスピード解任 ロイター 】

q

トランプ、入国制限に反対の司法長官代行を1時間後にスピード解任

1月30日、トランプ米大統領は、難民・移民の入国を制限する大統領令を擁護しないよう司法省弁護士に指示したイェーツ米司法長官代行(写真)を解任した。写真はワシントンで2015年7月撮影(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)



 トランプ米大統領は30日、難民・移民の入国を制限する大統領令を擁護しないよう司法省弁護士に指示したイェーツ米司法長官代行を解任した。スパイサー大統領報道官がツイッターで明らかにした。

 報道官によると、大統領は後任にバージニア州東地区ダナ・ボエンテ検事を指名した。

 イェーツ氏は、オバマ前政権下で司法副長官を務め、トランプ政権になっても政権側の意向で長官代行を務めていた。イェーツ氏は30日、今回の大統領令が合法であるとの確信が持てないとし、司法省は擁護しないとの見解を明らかにした。その1時間後に解任されたことになる。

 ホワイトハウスは、イェーツ氏が「米国市民を守るための法令執行を拒否し、司法省を裏切った」と非難。同氏の行動は政治的なものだとした。さらに「イェーツ氏は、国境警備に弱腰で不法移民問題にも非常に疎かったオバマ前大統領に指名された」との声明を公開した。

 司法長官には共和党のジェフ・セッションズ上院議員が近日中に承認される見通しになっていた。イェーツ氏の後任となるボエンテ氏は、セッションズ氏が就任するまで長官代行を務める。

 ボエンテ氏はワシントン・ポスト紙のインタビューで、大統領令を執行すると述べた。

 米国では司法省幹部が公式に解任された例は数件しかない。最も有名なのは、ウォーターゲート事件の捜査で当時のニクソン大統領に特別検察官解任を命じられたが、これを拒否し1973年に辞任したエリオット・リチャードソン氏の例がある。

[ワシントン 30日 ロイター]2017年1月31日(火)16時55分 より転載


posted by さとやん at 21:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本では最高責任者と威張っているが、トランプ大統領には何も言えない小心者ですね。【 安倍首相、米の入国規制に改めて「コメント控える」 朝日 】



安倍首相、米の入国規制に改めて「コメント控える」

 米国のトランプ大統領が、中東・アフリカ7カ国の国民の入国を一時禁止する大統領令を出したことについて、安倍晋三首相は31日の参院予算委員会で、前日の答弁に続いて「直ちにコメントすることは差し控えたい」と述べた。民進党の福山哲郎氏の質問に答えた。

 首相は「各国の入国管理政策は基本的には内政事項であり、大統領令については、米国内でも様々な意見があると承知をしているが、難民に対してどのように対応していくか、移民にどのような姿勢を取っていくか、出入国管理はその国が判断することだと思う。日本は日本としての出入国管理を行っており、難民に対する対応を行っている。米国の移民政策に関する大統領令の実施状況について日本政府としても関心を持って見守っていきたい」と述べた。

 その上で特定の国を対象に入国を一時禁止するトランプ氏による大統領令については、「米国の出入国管理を我々は注視しているが、今その政策について直ちにコメントすることは差し控えたい」と答えた。

 首相は30日の参院予算委で民進の蓮舫代表の質問に対して、「大統領令という形で米政府の考え方を示したものだろう。私はこの場でコメントする立場にはない」と答えていた。

朝日新聞デジタル 1/31(火) 15:42配信 より転載



t
posted by さとやん at 21:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民と野党の共闘が希望!野党第一党は、連合に遠慮せず、野党共闘のイニシアチブを発揮して下さい! 【民進党、党大会には他党を招待しない方針決める  今回の決定は、連合に配慮したものとみられる。 FNN 】


民進党、党大会には他党を招待しない方針決める

党大会には、他党を招待しない方針を決めた。
民進党は31日、常任幹事会を開き、3月12日に開催する党大会について、国政選挙や国会対応で共闘する共産党など、ほかの野党3党から、幹部を招待しない方針を決めた。
先に開かれた共産党の党大会には、民進党の安住代表代行らが、ほかの野党からの来賓としては初めて出席し、次の衆議院選挙に向けて、野党共闘をアピールした。
民進党の最大の支援団体である連合が、次の衆議院選挙での共産党との連携に否定的な考えを示しており、今回の決定は、連合に配慮したものとみられる。

01/31 20:07 FNNより転載
posted by さとやん at 21:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする