2017年01月22日

これを太鼓持ちという。総理の座の禅譲を狙ったパフォーマンスがみえみえで恥ずかしいですね。しかもトランプは麻生副総理の訪米を所望している。【二階氏、首相の総裁3選支持 「国際的信用も抜群」共同 】


二階氏、首相の総裁3選支持 「国際的信用も抜群」


 自民党の二階俊博幹事長は22日、共同通信のインタビューに応じ、安倍晋三首相(党総裁)が来年秋の総裁選に連続3選を目指して立候補すれば支持する考えを示した。「国際的信用も抜群だ。総裁として敏腕を振るう期間を長く保つことは大いに結構だ」と述べた。

 衆院解散・総選挙については「やらなければならない仕事はたくさんある」と語り、早期実施の可能性を否定した。

 衆院小選挙区定数の「0増6減」に伴う区割り改定を巡り「早く解散し(「1票の格差」是正の)問題を先送りすべきだと言う人もいるが、党利党略ではなく、政党を超えて決断しなければいけない」と指摘した。

2017/1/22 19:47 共同通信より転載
posted by さとやん at 20:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、安倍首相のトランプへの手みやげですね。しかし、「そうは問屋が卸さない」。【 二階氏、今国会中の改憲発議言及 党内からも「不可能」 朝日 】


二階氏、今国会中の改憲発議言及 党内からも「不可能」


 自民党の二階俊博幹事長は22日、6月18日までの今国会中に憲法改正の発議を目指す可能性に言及した。議論の加速化が狙いだが、同党内からも「現実的に不可能」との声が上がる。野党の反発も強い。

 二階氏はNHKの「日曜討論」で、改憲について「できるだけ早く一定の方向を、党としてまとめたい」と発言。今国会中の発議について「状況を見て判断する」と述べた。番組終了後、記者団から「今国会での発議の可能性を否定しない立場か」と問われ、「結構です」と答えた。

 安倍晋三首相は20日の施政方針演説で「憲法審査会で具体的な議論を深めようではありませんか」と意欲を示したばかり。党憲法改正推進本部の幹部は二階氏の発言について「首相の思いを受け、改憲に向けた固い決意と意欲を表明したのだろう」と推測する。

 だが、別の幹部は「前のめりになるほど、与野党での議論の足場が崩れてかえって遠回りになる」と指摘。公明党幹部も今国会での発議を「あり得ない」と一蹴した。

 野党は即座に反発。衆院憲法審査会幹事の辻元清美・民進党衆院議員は取材に「自民党お得意の強行採決に持ち込もうとしているのか」と答えて警戒感を示した。

2017年1月22日20時03分 朝日より転載








posted by さとやん at 20:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相が“沈黙”したと言うことは、共謀罪で弾圧を狙っているという証ですね。【 首相が映画観賞 感想問われ“沈黙” キリシタン弾圧を描いた遠藤周作の小説が原作「沈黙 サイレンス」共同 】



首相が映画観賞 感想問われ“沈黙”

 安倍晋三首相は22日、キリシタン弾圧を描いた遠藤周作の小説が原作のマーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙 サイレンス」を東京・六本木の映画館で観賞した。記者団から感想を問われたが、右手を挙げて応えるだけで“沈黙”した。

 江戸時代初期、奉行に捕まったポルトガル人神父が、信徒への残酷な仕打ちをやめさせる代わりに棄教を迫られる内容。首相は著書「新しい国へ」の中で、高校時代に小説「沈黙」を読んだことに触れ「人間のストイックな生き方を描いた」と感想を述べている。

 首相は今年元日、原作百田尚樹氏の映画「海賊とよばれた男」を観賞した。

2017/1/22 19:25 共同より転載
posted by さとやん at 20:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基地に反対する沖縄県民を弾圧し、今度は共謀罪で戦争に反対する人々を弾圧するするめの鑑賞でしょう。【首相が映画観賞 キリシタン弾圧を描いた遠藤周作の小説が原作のマーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙 サイレンス」 JST】


首相が映画観賞

 安倍晋三首相は22日、キリシタン弾圧を描いた遠藤周作の小説が原作のマーティン・スコセッシ監督の映画「沈黙 サイレンス」を東京・六本木の映画館で観賞した。記者団から感想を問われたが、右手を挙げて応えるだけで“沈黙”した。

 江戸時代初期、奉行に捕まったポルトガル人神父が、信徒への残酷な仕打ちをやめさせる代わりに棄教を迫られる内容。首相は著書「新しい国へ」の中で、高校時代に小説「沈黙」を読んだことに触れ「人間のストイックな生き方を描いた」と感想を述べている。

 首相は今年元日、原作百田尚樹氏の映画「海賊とよばれた男」を観賞した。

Domestic | 2017年 01月 22日 19:25 JST より転載



posted by さとやん at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これが1%と99%だ!【 2016年版「日本人大富豪ランキング」 トップはあの世界的企業の経営者 それでは、長者番付にランク入りした日本人のうち、トップ20人の人物をランキング形式で紹介しよう。ZUU 】



2016年版「日本人大富豪ランキング」 トップはあの世界的企業の経営者


フォーブスの2016年版の世界長者番付が発表され、日本人トップは昨年と同じ結果となった。全体ランキングでは、1位から順にマイクロソフト共同創業者のビル・ゲイツ氏、ZARA創業者のアマンシオ・オルテガ氏、投資家のウォーレン・バフェット氏となった。それぞれの資産額はゲイツ氏750億ドル、オルテガ氏670億ドル、バフェット氏608億ドルである。

中国に目を向けてみると、ワンダグループ会長の王健林氏は287億ドルで18位、アリババを率いるジャック・マー氏は205億ドルと33位にとどまる結果となった。

2016年版長者番付に登場した大富豪は昨年の1826人から16人減って1810人となり、全体の資産総額も昨年の7兆500億ドル(約797兆円)から、今年は6兆4800億ドル(約723兆円)に減少している。

それでは、長者番付にランク入りした日本人のうち、トップ20人の人物をランキング形式で紹介しよう。

20位 福武 總一郎氏 ベネッセホールディンクス最高顧問 11億ドル

1945年生まれ、福武書店創業者の福武哲彦の長男で早稲田大学理工学部卒業後、日製産業、日本生産性本部勤務を経て、1973年福武書店(現ベネッセコーポレーション)に入社。2003年、代表取締役会長就任。2014年に最高顧問となった。

19位 毒島 秀行氏 三共会長 11億ドル

三共創業者の毒島邦雄の息子であり、三共の代表取締役会長を務める。

18位 馬場 功淳氏 コロプラ社長 12億ドル

1978年生まれ、都城工業高等専門学校卒業後、九州工業大学工学部知能情報工学科へ編入。ITベンチャー企業の勤務を経て、2008年10月、コロプラを設立。

17位 安田 隆夫氏 ドン・キホーテホールディングス会長 13億ドル

1949年生まれ、慶應義塾大学法学部卒業後、不動産会社に勤務するものの倒産。1980年株式会社ジャスト(現ドン・キホーテ)設立。1989年に第1号店となる「ドン・キホーテ」府中店を開店。2005年代表取締役会長兼CEO就任し、2015年に引退。

16位 多田 勝美氏 大東建託創業者 16億ドル

1945年生まれ、三重県立四日市工業高等学校卒業後、小糸製作所入社。1974年、大東産業(現大東建託)設立。現在は引退。

15位 前澤 友作氏 スタートトゥデイ社長 16億ドル

1975年生まれ、1994年に早稲田実業高校卒業後、1998年有限会社スタートトゥデイ(現株式会社スタートトゥデイ)を設立。ZOZOTOWNやWEARを運営し、現在は累計登録会員数が1000万人を超える。

14位 重田 康光氏 光通信会長兼CEO 20億ドル

1965年生まれ、巣鴨高校卒業後、日本大学経済学部に入学するが中退。1988年、光通信を創業。ITバブルがはじける前の資産は42億ドルあったが、それをピークに減少している。

13位 似鳥 昭雄氏 ニトリホールディングス社長 20億ドル

1944年生まれ、北海学園大学経済学部卒業後、1967年、似鳥家具店(現ニトリ)を札幌で創業。2005年には藍綬褒章が授与された。

12位 永守 重信氏 日本電産会長兼社長 22億ドル

1944年生まれ、職業訓練大学校(現在は職業能力開発総合大学校)を首席の学業成績で卒業。1973年日本電産設立。

11位 森 佳子氏 森ビル取締役 25億ドル

六本木ヒルズをはじめとする東京都心の再開発事業を手掛けた森ビル元会長・森稔氏の妻。森ビル株式会社取締役を務める。


10位 毒島 邦雄氏  三共名誉会長 29億ドル

1925年生まれ、1966年に中央製作所(現三共)を設立。

9位 高原 慶一朗氏 ユニチャーム取締役ファウンダー 35億ドル

1931年生まれ、大阪市立大学商学部卒業後、1961年大成化工(現ユニ・チャーム)設立。

8位 三木 正浩氏  ABCマート創設者 35億ドル

1955年生まれ、国際貿易商事(現エービーシー・マート)を設立。韓国、台湾をアジアの成長マーケットとしてターゲットにしている。

7位 伊藤 雅俊氏 セブン&アイ・ホールディングス名誉会長 36億ドル

1924年生まれ、横浜市立商業専門学校(現・横浜市立大学)を卒業後、1958年チェーン店ヨーカ堂(現イトーヨーカ堂)を設立。 セブン&アイホールディングスとして2020年までに女性管理職の割合を30%までに引き上げる政府の目標に同意した。

6位 韓 昌祐氏 マルハン会長 40億ドル

1931年生まれ、法政大学経済学部卒業後、義兄からパチンコ事業を受け継いだ。1972年に西原産業(現マルハン)を設立。韓国永宗島に建設予定エンターテイメントプロジェクト・ドリームアイランドへの投資も継続している。

5位 森 章氏  森トラスト社長 49億ドル

1936年生まれ、森ビル創業者森泰吉郎の三男、慶應義塾大学経済学部卒業後、安田信託銀行(現みずほ信託銀行)への入行を経て、1972年に森ビル入社。1993年に森ビル開発(現森トラスト)の社長に就任、。

4位 三木谷 浩史氏 楽天会長兼社長 56億ドル

1965年生まれ、一橋大学商学部を卒業後、日本興業銀行(現みずほ銀行)に入行。95年に興銀を退行し、楽天を創業、会長に就任。新経済連盟の代表理事や東北楽天ゴールデンイーグルス会長兼球団オーナー、Jリーグヴィッセル神戸オーナーなども務める。

3位 滝崎 武光氏 キーエンス名誉会長 72億ドル

1945年生まれ、尼崎工業高等学校卒業後、1974年リード電機(現キーエンス)を設立。同社は売上高営業利益率50%を超える。社員の年収が日本一高給の会社としても知られている。

2位 孫 正義氏 ソフトバンク社長 117億ドル

1957年生まれ、1980年にカリフォルニア大学バークレー校を卒業、81年に日本ソフトバンク(現ソフトバンク)を設立。ソフトバンクグループ社長、ソフトバンク会長を務めるほか、福岡ソフトバンクホークスのオーナーでもある。実業家の孫泰蔵氏は実弟。

1位 柳井 正氏 ファーストリテイリング会長兼社長 146億ドル

1949年生まれ、ファストファッションの世界的ブランド「ユニクロ」を中心とした企業グループの持株会社ファーストリテイリング会長兼社長。84年、父の後を受け小郡商事社長に就任。「ユニークな衣料 (clothes) 」ということで「ユニーク・クロージング・ウエアハウス」と銘打ち、広島市に第一号店を開店した。ソフトバンクの社外取締役でもある。(ZUU online 編集部) 2016/03/12 より転載




posted by さとやん at 19:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本にもこういうのいるね。【トランプ政権を操る「謎のブロガー」「オルタナ右翼」から絶大な支持 その後も他人を誹謗中傷したり、虚偽の情報を流してネット上の「荒らし」としてその名が知られる。Forbes JAPAN】

トランプ政権を操る「謎のブロガー」 28歳の異常すぎる存在感


「ネット上で最も嫌われている人物」と呼ばれ、荒らし行為でツイッターからアカウント使用停止処分を受けたブロガー、チャールズ・チャック・ジョンソンが、トランプ大統領の政権移行チームとの連携を深めている。

情報筋によると、彼はトランプ政権のチーム編成に協力し、候補者の吟味や「オルタナ右翼」と呼ばれる陣営からの承認を得る活動をしているという。自称「不正を暴くジャーナリスト兼作家」のジョンソンは現在28歳。彼は大統領選挙の数か月前からソーシャルメディアや自身が運営するニュースサイト「GotNews.com」上でトランプの応援を繰り広げ、トランプを批判する人々に向けては虚偽の情報を流した。そのジョンソンが、この国の運営を担うリーダーたちの選出に一役買っているというのだから驚きだ。

フォーブスは、政権移行チームの関係者から匿名を条件に、ジョンソンが関与している事実を突き止めた。先月、ジョンソンに意見を求めたところ、彼は「公式な肩書はない」と述べるにとどまり、具体的な関与についてはコメントを避けた。昨年12月の段階では、電話やメールでのインタビューに応じるとしていたが、今月に入ってコンタクトをしたところ、コメントを拒否した。

ジョンソンは昨年末に行ったメールでのインタビューで、次のように述べている。「トランプ政権の誕生についてはとても嬉しく思っているが、私が希望する人材の多くは政権メンバーに選ばれていない」

ジョンソンは、12月22日のラジオ番組にリバタリアンのブロガー、Stefan Molyneux と出演し、「トランプ政権のために多くの人物の精査を行っている」と述べている。彼は「Black Lives Matter Movement(黒人の命だって大切だ運動)」の活動家を脅したために、2015年5月にツイッターからアカウント使用禁止処分を受けている。

「オルタナ右翼」から絶大な支持

その後も他人を誹謗中傷したり、虚偽の情報を流してネット上の「荒らし」としてその名が知られるようになった。彼は、ニューヨーク・タイムズの記者の住所を公開したり、バージニア大学で起きたレイプ事件の被害者として関係の無い女性の名前を公開したり、オバマ大統領が同性愛者であると公言するなど、これまでに多くの物議を醸してきた。

2014年のマザー・ジョーンズ誌とのインタビューで、ジョンソンは自身について次のように語っている。「ツイッターに投稿するとき、私はまるで別人格のように好戦的になる。それは、スパイダーマンがコスチュームを着ると穏やかなカメラマンから豹変するのと似ている。私は、自分が発信したコンテンツを拡散させるために、あえてそのようにしているのだ」

ジョンソンは、自身が運営するGotNewsを「嘘だらけの主要メディア」に対抗するものだとしている。彼によると、月間ページビュー数は250万に達するというが、ネット視聴率調査のQuantcastは過去30日間で24万6,000人が同サイトを訪れたと推計している。サイトを見ると、テッド・クルーズ上院議員が連邦最高裁判事の指名間近であることや、トランプが2016年の上院議員選でジョン・マケインを支持したことを「最大の後悔」と述べているといった記事が掲載されている。

白人至上主義団体とも交流

ジョンソンは最近、ワシントンD.C.で白人至上主義者の集会に参加している姿が目撃されている。彼は問題行動を数多く起こしているが、オルタナ右翼勢力から絶大な支持を得ている。彼らは、大統領選挙でトランプ勝利に大きく貢献したと言われている。

ジョンソンの友人で、同じくトランプ支持派の「荒らし」として知られるMike Cernovichによると、ジョンソンはこれまでも水面下で政治活動を行ってきたという。「メディアはジョンソンを批判するが、彼が政治にどれだけ大きな影響を及ぼしてきたかを知ったら驚愕するだろう」と彼は話す。

ジョンソンはいち早くトランプの勝利を予測し、大統領選挙のパーティー会場ではVIP席にいる姿が目撃されている。彼は11月8日頃からトランプタワーに陣取る政権移行チームと連携し、ティールをはじめとする執行チームのメンバーと連絡を取り始めた。ペイパルの共同創業者でフェイスブックの取締役でもあるティールは、シリコンバレー人脈とトランプをつなぐ上で極めて重要な役割を果たしている。

ジョンソンは、トランプ政権の人事において、10名以上の候補者をティールに紹介している。その中には、連邦通信委員会(FCC)の委員長候補であるAjit Paiが含まれる。FCCの共和党系委員であるPaiが委員長候補に名が挙がるのは自然な成り行きだが、ジョンソンが推薦したということは、オルタナ右翼勢力もPaiが適任だと考えていることがわかる。Paiにコメントを求めたが、回答を得ることはできなかった。

ジョンソンは「ピーター・ティールとは共通の敵がいるが、面識はほとんどない」としてティールとの関係を否定した。彼の言う共通の敵とは、ティールが廃業に追い込んだゴーカー・メディアのことだ。ゴーカー・メディアは、元プロレスラーのハルク・ホーガンからプライバシー侵害で訴えられ、巨額の損害賠償によって破産に追い込まれた。

ティールは、ホーガンの裁判費用を密かに支援していたとされる。ジョンソンも、中傷記事を掲載されたとしてゴーカー・メディアを名誉棄損で訴えているが、ジョンソンが最初に相談を持ち掛けたのが、ティールがホーガンの裁判で使った弁護士事務所「Harder Mirell & Abrams」だった。その後、ロサンゼルスの弁護士事務所が引き継ぎ、現在はゴーカー・メディアの破産を受けて裁判は中断している。

保守系ニュースサイトに勤務の過去も

ゴーカー・メディアがジョンソンとティールの共通の敵だとしたら、両者にとっての共通の味方はトランプのアドバイザーで首席戦略官のスティーブン・バノンだろう。バノンは、ジョンソンがかつて勤めた保守系ニュースサイト「ブライトバート・ニュース(Breitbart News)」の会長だった人物だ。昨年12月の電話インタビューで、ジョンソンはバノンについて、「私はバノンの近くで働き、彼を尊敬している」と述べている。

ジョンソンとバノンは、昨年10月に行われた2回目の大統領選討論会の直前に、ビル・クリントン元大統領を性的暴行で訴えた女性4人とトランプによる記者会見を開催した。被害者とされる女性の一人、キャサリン・シェルトンは、1975年にビル・クリントンからレイプされたと主張しているが、ジョンソンは彼女のために1万ドル以上の寄付を集めている。

ジョンソンは先月、フォーブスに対して次のように述べている。「自分の元上司が米国大統領の相談役になったら、気安く間違いを指摘できなくなる」。バノンの広報担当であるAlexandra Preateにコメントを求めたが、回答を得ることはできなかった。

最近では、ジョンソンの友人であるMike CernovichとJeff Gieseaも政権移行チームと面談していることが確認された。この2名はトランプの大統領就任式の夜にワシントンD.C.の全米記者クラブで行われる「DeploraBall」と銘打った支持者向けパーティーを企画し、これまでに1,000枚のチケットを販売している。このパーティーの目的は「トランプの大統領選勝利まで政治的に無視されてきた人々に発言権を与える」ことだという。ジョンソンに、これまでの活動に対する功績をトランプ側から認められているかと尋ねると「私が期待しているほどは認められていない」という答えだった。

ジョンソンは、トランプ支持活動が大きな成果を挙げた要因は、ミーム(インターネット上で爆発的に拡散する単語や顔文字、画像など)によって多くの有権者の感情に訴えることができたことだと分析している。「ペペ・ザ・フロッグ(Pepe the Frog)」というカエルのキャラクターがトランプ支持者の非公式マスコットとなったことなどが良い例だ。ジョンソンは、最近の人々はミームを使い、感情に基づいて政治的主張を行うようになっていると指摘する。実際、ジョンソンらが拡散した事実に基づかない情報に多くの人が反応し、トランプ勝利の大きな流れを作った。

「大統領選の勝因は、多くの人がミームを生み出したことだ。ミームによって新しい大統領が誕生したのだ」とジョンソンは話す。


Forbes JAPAN / 2017年1月22日 18時0分より転載




posted by さとやん at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、戦争に反対する人々を戦前のように弾圧する法律ですね。戦争に反対する人をテロ扱いし「テロ等準備罪」で捕まえると言うことですね。【 自民・二階俊博幹事長、「テロ等準備罪」の早期成立を 「権力乱用の可能性」と野党は及び腰 産経 】



自民・二階俊博幹事長、「テロ等準備罪」の早期成立を 「権力乱用の可能性」と野党は及び腰


 自民党の二階俊博幹事長は22日のNHK番組で、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、早期成立を目指す考えを示した。これに対し、民進党など野党は番組で「権力乱用の可能性がある」などと反発を強めた。

 二階氏は「(日本は)国際組織犯罪防止条約の締結に至っていない。国際社会の信頼を取り戻すためにも早期成立を目指していきたい」と強調。対象犯罪数の絞り込みを求める公明党の意向に「沿えるようにしたい」とも述べた。

 一方、民進党の野田佳彦幹事長は「組織的犯罪集団がどういう集団なのかを決めるのは当局で、権力乱用の可能性がある。心配はたくさんあり、今の段階で早期成立と言われても冗談ではない」と牽制(けんせい)した。

 共産党の小池晃書記局長も「思想、良心の自由を保障した憲法違反の大悪法。対象犯罪数を絞り込んでも本質は変わらない」と批判した。

 天皇陛下の譲位に関連して、二階氏は政府の有識者会議が23日に公表する論点整理について自民党として尊重するのかと問われ、「その通りというわけにはいかない。国会議員の考え方を盛り込んだものにしたい」と述べた。論点整理は譲位を「陛下一代に限る」とする政府方針に沿う方向だが、「国会が政府の下請け機関になる」とする野党を意識した形だ。

2017.1.22 18:18更新 産経より転載



posted by さとやん at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下村元文科相様 それじゃ、記憶にございませんと同じじゃありませんか。部下の不始末の責任をとるのが、上司の役割でしょう。【文科省天下り 「役所あっせん全く認識なし」下村元文科相 毎日 】



文科省天下り 「役所あっせん全く認識なし」下村元文科相

 自民党の下村博文幹事長代行は21日、文部科学省の違法な天下りあっせん問題について「私が文科相の時にも関係しており、率直に言ってびっくりした。私の認識として、役所があっせんしている感じは全く持っていなかった」と釈明した。京都市内で記者団の質問に答えた。


 第2次安倍政権が発足した2012年12月に下村氏は文科相に就任し、15年10月まで務めた。任期はあっせん行為が指摘された13〜16年に重なる。【加藤明子】
.
毎日新聞2017年1月21日 20時00分(最終更新 1月21日 20時00分) より転載
posted by さとやん at 13:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相、赤っ恥ですね。これからの外遊は、お手々繋いで行くようになりますね。【 日米首脳会談、麻生氏同行で調整…米が要請 読売】【トランプから返答なし 安倍首相訪米「1・27会談」絶望的 「一番乗り」しか頭にない ゲンダイ】



日米首脳会談、麻生氏同行で調整…米が要請

 日本政府は、米国のトランプ新大統領の就任演説や新政権が発表した基本政策の内容を「想定の範囲内」(政府関係者)と冷静に受け止めている。

 政府は2月上旬の日米首脳会談開催を目指し、安倍首相の訪米に麻生副総理兼財務相が同行する方向で調整を進めている。麻生氏の同行は米側からの要請によるもので、日本側も信頼関係の構築につながると歓迎している。

 トランプ氏は就任演説で、「米国第一」主義で自国の利益を最優先する考えを強調した。基本政策で環太平洋経済連携協定(TPP)離脱も打ち出したが、「いずれも選挙戦での訴えと変わらず、驚きはない」(外務省幹部)と受け止めている。

2017年1月22日 8時43分 読売新聞 より転載













トランプから返答なし 安倍首相訪米「1・27会談」絶望的 「一番乗り」しか頭にない


 トランプが正式に米大統領に就任したことで、気になるのは安倍首相の訪米日程だが、どうやら当初予定していた今月27日は絶望的のようだ。官邸事情通がこう言う。

「20日時点で、先方から返事がないのです。トランプ氏と当選直後に外国首脳として最初に会った安倍首相は、正式就任後もG7首脳の中で一番最初に会えるよう外務省に指示していた。しかし、安倍首相が希望する27日まで1週間を切ってしまいました」

 トランプ政権のスパイサー報道官は、就任式前日の19日の記者会見で「来週は外国の首脳がホワイトハウスを訪れる予定はない」と話している。官邸詰めの記者たちも同行取材の話が具体化しないため、「27日はもう無理」という認識だという。

■それでも諦めず2月初旬で調整か

 安倍首相が1月中に訪米したがったのは、20日に召集された国会日程との兼ね合いもある。ただでさえ国会開会中は外遊しにくいうえ、野党との調整も必要。補正予算や来年度予算案の審議を考えると、27日を逃せば、3月以降にズレ込んでしまいかねないのだ。


「それでも安倍首相は早期訪米を諦めていない。1月がダメでも2月、それも少しでも早い時期に行きたがっている。補正予算が成立し、本予算審議に入る直前を狙っているのではないか。2013年に2期目に入ったばかりのオバマ前大統領と安倍首相が会談したのが、2月22日でした。その時よりも早くトランプ氏に会いたいようです」(前出の官邸事情通)

 トランプは就任式で「米国第一主義」を徹底的に訴え、就任初日にTPP離脱を宣言した。訪米には巨額の“お土産”を要求されるのが確実だ。それでも「一番乗り」しか頭にない安倍首相は、つくづくオメデタイ。


2017年1月21日 ゲンダイより転載



posted by さとやん at 13:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相よ、憲法改正議論呼びかけるなら、なぜ、自民党「日本国憲法改正草案」の特徴を語らないのか。@第1は、天皇中心の復古主義の国にする。A第2は、米と共同戦争ができる国にする。B第3は、国民が自己責任、家族責任で生きる国にする。




安倍首相、施政方針演説で憲法改正論議呼びかけへ

 20日に召集される通常国会の施政方針演説で、安倍総理が、「新しい国づくりへの挑戦」だとして、憲法改正に向けた具体的な論議を呼びかけることが明らかになりました。
 安倍総理は20日、衆参両院の本会議で今年1年の政権の指針を示す施政方針演説を行います。

 関係者によりますと、演説の中で安倍総理は、今年が憲法が施行されてから70年を迎えることを踏まえ、「新しい国づくりへの挑戦」を呼びかけ、憲法改正論議について憲法審査会の場で具体的な議論を深めていくことを求めるということです。また、現地時間20日にトランプ氏が大統領に就任するのを前に、日米同盟の重要性を強調する内容となっています。

 安倍総理は、18日から政府・与党間で施政方針演説の内容について最終調整を行う予定です。(1月18日11:05) TBSより転載






2012年自民党「日本国憲法改正草案」の特徴(石川康宏 神戸女学院大学教授)

@ 第1は、天皇中心の復古主義の国にする。
A 第2は、アメリカと共同戦争ができる国にする。
B 第3は、国民が自己責任、家族責任で生きる国にする。
C 第4は、経済運営は大企業中心の「活力ある経済活動」(前文)でいく。
D 第5は、権力への批判は許さない国にする。




posted by さとやん at 13:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もうすぐ、千葉県知事選挙です。県民の命とくらしと平和を守るため、「選ぶ会.ちば」は、候補者擁立の準備を進めています。千葉の豊かな財産と県民要望のランキングを紹介します。




県民は、千葉県政に何を求めているのか。(平成27年度 千葉県調査)

1位)災害から県民を守る 35.5%
2位)高齢者の福祉を充実する 33.7%
3位)医療サービス体制を整備する 20.9%
4位)次世代を担う子どもの育成支援を充実する 17.0%
5位)食の安全を守る



千葉県には豊かな財産がある

 1)千葉県は全国有数の規模の県

〇人口:623万8589人(2016年6月1日現在)*全国6位
〇予算規模:1兆7139億円(2016年度当初予算)
〇農業産出額4,151億円(2014年産)*全国4位:北海道・茨城・鹿児島
〇海面漁業漁獲量13万5383トン(2014年)*全国7位
〇製造品出荷額13兆8743億3千万円(2014年)*全国6位



posted by さとやん at 13:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小池知事様 あなたが自民党を離党し、日本会議を脱会しなければ、盟友の“石原断罪”は、できないでしょう。【異例の弁護団交代 小池知事狙う“石原断罪”と豊洲移転白紙 石原氏はもう逃げられない 日刊ゲンダイ】


異例の弁護団交代 小池知事狙う“石原断罪”と豊洲移転白紙 石原氏はもう逃げられない 日刊ゲンダイ


 小池都知事が20日、豊洲市場の用地購入をめぐる住民訴訟について、石原慎太郎元都知事に賠償責任はないとしていたこれまでの都の方針を見直すと表明。新弁護団「訴訟対応特別チーム」を立ち上げ、慎太郎氏の責任の有無を調査すると発表した。小池ブレーンからなる都政改革本部の特別顧問で弁護士の加毛修氏が座長を務め、メンバーは7〜8人程度になるとみられる。

 2012年5月から続く住民訴訟では、土壌汚染が確認された土地を汚染対策費を考慮せず購入したのは違法だとして、都民が都に対し、慎太郎氏に土地購入費578億円を請求するよう求めている。

 行政が裁判の途中で弁護士を変えてまで方針を見直すのは極めて異例だ。小池知事はなぜ急にヤル気になったのか。何が狙いなのか。

「豊洲に関する報道が過熱する中、都政改革本部内でも豊洲が話題になることが多くなり、昨年12月中旬ごろ、加毛氏は用地購入が住民訴訟に発展していることを問題視。『対応策を考えるべき』と、正月休み返上で調査したといいます。正月明けに報告を受けた小池知事が、これに乗った形です」(都庁記者)


異例の弁護団交代 小池知事狙う“石原断罪”と豊洲移転白紙


■「裁判のため」と引きずり出す

 小池知事が慎太郎氏に質問書を送っても「記憶があいまい」と逃げられ、都議会も慎太郎氏を参考人として呼び出すことすらできていない。慎太郎氏“断罪”が遠のくのを苦々しく思っていた小池知事は、特別顧問から調査の経緯を聞き「これを利用すれば慎太郎氏を引きずり出せる」と、目を付けたのだという。加えて、裁判は「原告有利」に傾きつつあるといい、このままでは都が敗訴する可能性があることも、小池知事の決断を後押ししたようだ。都政に詳しいジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう言う。

「『住民訴訟のために調査する必要がある』となれば、石原氏も都の調査への協力を断りづらいでしょう。小池知事は、明確な回答を避けてきた石原氏の“逃げ道”を断ち切った格好です。調査の結果、都の従来の方針通り、石原氏の責任が認められなかったとしても、手続きなどこれまで隠されてきた問題が明らかになる可能性がある。ただでさえ土壌汚染問題があるのに、土地購入でも問題が出てくれば、いよいよそんな場所に市場を移転していいのか、となる。小池知事は“移転白紙”まで視野に入れて動きだしたのではないでしょうか」

 20日の定例会見で小池知事は、豊洲について「これから私たちが担っていく負の遺産」と言った。新市場として移転する気なら“負の遺産”なんて言葉を使うだろうか。ついに小池知事は、“移転白紙”にかじを切ったか。

日刊ゲンダイ 2017年1月22日より転載

posted by さとやん at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米は、安倍首相ではなく、麻生副総理を所望したと言うことは、安倍首相の政治生命は終わったと言うことですね。【日米首脳会談、麻生氏同行で調整…米が要請 読売 】




日米首脳会談、麻生氏同行で調整…米が要請

 日本政府は、米国のトランプ新大統領の就任演説や新政権が発表した基本政策の内容を「想定の範囲内」(政府関係者)と冷静に受け止めている。

 政府は2月上旬の日米首脳会談開催を目指し、安倍首相の訪米に麻生副総理兼財務相が同行する方向で調整を進めている。麻生氏の同行は米側からの要請によるもので、日本側も信頼関係の構築につながると歓迎している。

 トランプ氏は就任演説で、「米国第一」主義で自国の利益を最優先する考えを強調した。基本政策で環太平洋経済連携協定(TPP)離脱も打ち出したが、「いずれも選挙戦での訴えと変わらず、驚きはない」(外務省幹部)と受け止めている。

2017年1月22日 8時43分 読売新聞 より転載

posted by さとやん at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。