2017年02月21日

 「新しい知事を選ぶ会.ちば」共同代表の三輪定宣氏らが、千葉県教育委員会らに正当な教育活動への弾圧をやめよと抗議の要請をする。知事選に立候補予定の角谷信一氏作成のSNSへの不当な支配介入は許さない。  



                    2017年2月17日
千葉県教育委員会御中
千葉県立若松高校学校長様

         新しい知事を選ぶ会.ちば 共同代表 三輪定宣
                        弁護士 橋勲

要請書

第1. 要請の趣旨
2017年3月26日投票の千葉県知事選挙に「新しい知事を選ぶ会.ちば」から立候補を予定している角谷信一氏作成のSNSの内容に対し、「個人情報保護条例および著作権法に違反するおそれ」として2月18日に予定されている緊急保護者説明会の開催、ならびに、それに関連する文書の発送等を中止されたい。
第2. 本要請の趣旨
1.角谷信一氏の行為はあるべき教育活動の一環として行われたものであります。
(1) 角谷氏は、毎時間の授業で、生徒たちが学んだ内容の感想をまとめ、次の時間には生徒たちに感想文集として配布しています。また、学期ごとに学んだことで、何が印象に残ったかを書いてもらい、まとめています。そして、次学期はどのような授業を望むかも聞き、それを参考にして授業を構成しています。また、生徒の「アルバイト体験アンケート」を実施し、班討論を組織するなど、アクティブラーニングのパイオニアです。それは、NHKが取材に来て、「オトナへのトビラTV」として全国放送されています。2月12日のNHKスペシャル「見えない“貧困”」では、他校にも呼びかけて集めた、県内2515人分の「アンケート調査」の中心となり、高校生のアルバイトの51%が生活費に使われていることが明らかになっています。
(2) 授業を受けた生徒たちは、「政治に関心をもつようになり、自分も選挙権を持ったから、今度の選挙から投票に行こうと思った」、「もっと知りたいというのがたくさんあった。これから自分でも調べていきたいと思った」、「授業を受けて、国の制度の仕組みやリアルな意見も学べてよかったです。日本を改善するには私たち若者の意見も大切なのだと学びました」など、主権者として成長している高校生の声がたくさん出されています。これは、文部科学省が推進している「主権者教育」の模範例であり、全国に広げる価値のある授業実践です。生徒たちの意見や感想を中心に授業を作り上げ、それを交流することは教育研究の世界では当たり前のことです。文部科学省がすすめる「アクティブラーニング」は、子どもたちが自分の意見をしっかり表明する力を身に着けることを推奨しています。千葉県教育委員会や学校長は、角谷氏のような授業を、県内や他県に広げることに協力すべきです。以上の観点からみて、貴委員会が問題としているSNSは、その内容・形式いずれから見ても、優れた教育活動の一環と評価されるべきものです。SNSやブログ等を活用して、授業の実践と生徒の授業の感想などを交流できる環境が広がっている中で、それを規制したり、萎縮させたりするような行為こそ、時代に逆行するもので、やめるべきであると考えます。
2.角谷氏作成のSNSは何ら違法ではない。
千葉県教育委員会が、県立若松高校の学校長から角谷氏に伝えた、「生徒及び保護者の許可なく生徒の答案から抜き出した内容をツイッター上に掲載した行為は、個人情報保護条例違反、著作権法違反に抵触する可能性もあり、許されるものではない」との説明は、到底納得できるものではありません。なぜならば、著作権法にいう著作物とは、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するものをいう」と解すべきところ、生徒たちが提出した答案用紙の解答は、ここでいう著作物ではないからであります。
また、千葉県の個人情報保護条例にいう個人情報とは、第2条に「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるものをいう」とされているから、個人が識別できないなら、個人情報とは言えません。教育委員会が個人情報保護条例違反という根拠はありません。それは、角谷氏作成のSNSの投稿の内容および形状にてらし、その氏名やクラス名もなく、個人が特定されるものではないからです。従って、個人情報保護条例違反との指摘はあてはまりません。
3.県教育委員会等の今回の行動は、公選法違反に該当するおそれがある。
(1)角谷信一氏は、前述のとおり、来る3月26日投票の千葉県知事選挙に新しい知事を選ぶ会.ちばより立候補を予定しています。角谷氏はこの選挙において、教師の知見と経験を活かし、千葉県の教育のあるべき姿を提起して、自らの政策を多くの県民に語り、伝える準備を開始しています。こうした情勢の下で、角谷氏の上記行為が、あたかも著作権法や個人情報保護条例に抵触するかのごとき言動を行い、かつ、こうした内容の文書を頒布することになれば、角谷氏の名誉を著しく棄損し、選挙の公正を著しくゆるがせ、選挙等の自由妨害に該当する危険性が極めて高いと言わざるを得ません。
以上の次第で、貴委員会および学校長におかれましては、本要請の趣旨のとおり、臨時保護者説明会の開催と、これに関連する文書等の発信を中止されたく、本要請を行う次第であります。
posted by さとやん at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

森田県政はひどい!教員が、個人名も写真もない生徒の感想文をSNSで公開しただけで、県教委が弾圧ですか。これは、正当な教育活動であり、違法性はないのに、選挙妨害ですね。【千葉県の県立高校の男性教員 生徒の感想文をSNSで公開 産経】




千葉県の県立高校の男性教員 生徒の感想文をSNSで公開

ざっくり言うと

千葉県の県立高校の男性教員が生徒の感想文をSNSに公開していたことが判明
約80人の現代社会を担当する教員は、SNSに10種類の感想を投稿していた
県教委は守秘義務違反の可能性もあるとみて、今後の対応を検討している


授業で印象に残ったことは「SEALDsに刺激受けた」「米日の権力者が基地をつくる横暴ぶり」…生徒の感想?をSNSで公開 千葉の県立高校教員


 千葉県の県立高校に再任用で勤務する60代の男性教員が、自身のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に生徒らが書いたとみられる授業の感想を投稿していることが13日、産経新聞の取材で分かった。

 感想には「アメリカと日本の権力のある人たちの基地を勝手に作っちゃう横暴ぶりだったりが、本当におそろしく思う」といった内容が記されていた。県教委も投稿を把握しており、場合によっては授業で書かせた内容を公開した守秘義務違反の可能性もあるとみて、今後の対応を検討している。

 県教委などによると、教員は高校3年生約80人の現代社会を担当。教員は今月10日、自身のフェイスブックに「現代社会の『1年間の授業で印象に残ったこと、みんなの感想で共感した意見』を生徒に書いてもらいました」として、「SEALDs(シールズ)とか自分の意見をしっかり持って抗議をしたり、皆で相談し合っている姿を見て刺激を受けた」「(原爆の)過去を何も思っていないアメリカ人に、どうにか知って欲しいと強く反抗心が芽生えた授業でした」といった10種類の感想を投稿していた。生徒の名前は記載されていない。県教委によると、同校の校長は男性教員の投稿を知らなかったという。


2017年2月14日 10時37分 産経新聞 より転載
posted by さとやん at 15:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

安倍首相は、ゴルフ・宴会・外遊三昧を改め、「メルトスルー」対策に世界の英知を集めて集中せよ。【フクイチ2号機は最悪の「メルトスルー」状態? 経産省は巨額の事故処理費用から国民の目をそらしている!古賀茂明氏 週プレ 】



フクイチ2号機は最悪の「メルトスルー」状態? 経産省は巨額の事故処理費用から国民の目をそらしている!



フクイチ2号機は最悪の「メルトスルー」状態? 経産省は巨額の事故処理費用から国民の目をそらしている!

「福島第一原発の廃炉をどうするか、今こそ広く議論すべき」と訴える古賀茂明氏



来月で3・11から6年がたつが、ここにきて福島第一原発2号機の状況が非常に悪化しているという。

福島原発事故への関心が下火となる中、『週刊プレイボーイ』でコラム「古賀政経塾!!」を連載中の経済産業省元幹部官僚・古賀茂明氏は「このままでは経産省の思うツボ」と警鐘を鳴らす。

* * *

福島第一原発2号機の状況が非常に悪い。政府や東電の想定がまったく外れ、最悪の状況であることが判明しつつあると言ってもいいだろう。

原発の内部には、核燃料棒を装填(そうてん)する圧力容器とそれを囲む格納容器がある。格納容器は、放射性物質が放出された場合に周辺への拡散を防ぐという役割だ。

先月30日、東京電力は原子炉の格納容器内部を撮影し、圧力容器の真下のグレーチング(金属製の格子状の足場)に溶けた核燃料デブリらしき物質がどす黒く堆積しているのを発見した。この画像から一部では「燃料デブリが残っていてよかった」と安堵する声もあったが、その後の解析で、グレーチングに1m四方の巨大な穴がぽっかりと開いていたことがわかったのだ。

原子炉格納容器を突き破って溶け落ちた核燃料がグレーチングにたまっているのなら、まだ回収の方法もあるだろう。しかし、1m大の穴があったのなら話は別だ。大量の燃料デブリが格納容器の底に落ちたのは確実で、格納容器を突き破り、原子炉を支える「ペデスタル」と呼ばれる円筒形コンクリート台にまで浸潤した可能性が極めて高い。いわゆる「メルトスルー」状態だ。

人類は「メルトスルー」した核燃料デブリを回収・処理した経験を持っていない。2号機の炉内の放射線量は530シーベルトもある。人間なら、わずか数十秒で致死量に達し、調査をするだけの遠隔操作ロボットでさえ、2時間弱で使いモノにならなくなってしまう。

こんな過酷な条件下で、どうやって燃料デブリを回収するのか? そのノウハウを持つ人間は世界中どこを探してもいないのだ。

こうなると、気になるのは昨年11月に国が公表した福島第一原発の事故処理費用だ。経産省は廃炉費用が2兆円から8.2兆円に膨らむなどの理由で、当初11兆円だった総費用を22・6兆円へと上方修正した。

しかし、今となってはこの倍増予算でも足りそうにない。今回の調査で、2号機の廃炉には想像以上の時間と費用がかかることが判明した。例えば、1m大の穴は東電が5年かけて開発した「サソリ型調査ロボット」の走行ルート上にあり、これが使えなくなる。つまり、調査からやり直しなのだ。本来なら、今回の調査結果を受け、国は原発の事故処理費用の算定を一からやり直すべきである。

だが、経産省にそのそぶりは見られない。昨秋、大した論議もせずに総費用を2倍に増やし、そのツケを国民に回したばかりなのに、ここでまた事故処理費用の増額を言い出せば、国民から猛反発を食らうに決まっている。経産省はそれがイヤで口をつぐんでいるのだ。

来月で3・11から6年がたつ。だが、巷(ちまた)の話題はトランプ大統領に集まり、福島原発事故への関心は下火となっている。それでは経産省の思うツボだろう。事故処理が進まなければ汚染水が増加し、日本の国土と海が放射能で汚され続けてしまう。福島第一原発の廃炉をどうするか、今こそ広く議論すべきではないか?

●古賀茂明(こが・しげあき)
1955年生まれ、長崎県出身。経済産業省の元幹部官僚。霞が関の改革派のリーダーだったが、民主党政権と対立して2011年退官。著書『日本中枢の崩壊』(講談社)がベストセラーに。近著に『国家の暴走』(角川oneテーマ21)

2017年02月18日 06時00分 週プレNEWS より転載


posted by さとやん at 22:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。