2017年02月07日

これは、補助金の見返りの天下りだから、税金ドロボーです。返金させよう。これを放置してきた文科大臣、安倍首相の責任を追及しよう。【 天下り先「月2回勤務、年収1千万円」 国会どよめく 朝日 】



天下り先「月2回勤務、年収1千万円」 国会どよめく

 文部科学省による「天下り」のあっせんについて、7日に開かれた衆院予算委の集中審議。前事務次官や仲介役OBへの追及から浮かんだのは、OBに厚遇ポストを与え、再就職の支援活動を組織ぐるみで下支えする違法な構図だ。

天下り仲介役、淡々と謝罪 違法性追及に言葉詰まる

 「天下り」あっせんの仲介役だったのは、本省の人事課に通算15年以上の勤務経験がある嶋貫(しまぬき)和男氏(67)。職員の異動を担う任用班の事実上の責任者を務め、人事課企画官などを経て2009年に退職した。

 問題の一つとなったのは、顧問だった明治安田生命保険での嶋貫氏の待遇だ。嶋貫氏の処遇について、省内で「保険会社顧問に就任し、再就職支援業務をボランティアベースで行う」とする案がつくられた翌年の14年に就任した。

 民進党の小川淳也議員は、顧問報酬について「月2日勤務で1千万円か」と質問。嶋貫氏が「社に出向く回数は基本的にそう」「金額はその通り」などと答えると、委員や傍聴人からは「おお」「1カ月2回か」とどよめきが起きた。

2017年2月7日21時25分 朝日より転載





posted by さとやん at 21:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急事態条項で戒厳令をしくと、安倍ヒトラーが戦争に暴走する準備が完了すると言うことですね。【 緊急事態条項を議論=自民改憲本部が再開 時事 】


緊急事態条項を議論=自民改憲本部が再開

 自民党の憲法改正推進本部は7日、今年初の全体会合を党本部で開き、党内議論を再開した。同党が改憲の優先課題の一つと位置付ける緊急事態条項に関し、有識者から意見を聴取。今後、改憲項目の絞り込みに向け、個別のテーマについて論点を整理する方針だ。
 保岡興治本部長はあいさつで、「今年は憲法施行70年だ。衆参両院の憲法審査会でも、具体的な発議案について議論を深めないといけない」と強調。「国民の理解を得ながら、憲法改正を適切に進めたい」とも語り、幅広い合意形成に努める姿勢を示した。
 全体会合では、講師役の河田恵昭関西大特別任命教授が、首都直下地震や南海トラフ地震など今後想定される巨大災害に対応するため、憲法に緊急事態条項を設ける必要性を指摘。複数の出席者から「しっかり対応すべきだ」と賛同する意見が出た。(2017/02/07-16:52)時事ドットコムより転載
posted by さとやん at 17:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

下村元文科相様 責任痛感じゃなく、責任をとって辞任しなさいよ。【 天下り、責任痛感=下村元文科相 】


天下り、責任痛感=下村元文科相

 自民党の下村博文元文部科学相(党幹事長代行)は7日、文科省の組織的な天下りあっせん問題での自身の監督責任について、「知らなかったで済む問題ではない。非常に甘かった」と述べた。その上で「文科省に対し、われわれの立場からも二度とこういうことが起きないようしっかりと対応していく必要がある」と語った。党本部で記者団の質問に答えた。(2017/02/07-16:54)時事ドットコムより転載

posted by さとやん at 17:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

過労死水準の長時間労働を強いているのが経団連の会長・副会長企業でしょう。すなわち、ブラック企業が万博誘致とは世界もびっくりですね。【 経団連会長、大阪への万博誘致委員会トップ就任を受諾 日経 】

経団連会長、大阪への万博誘致委員会トップ就任を受諾


 経団連の榊原定征会長は7日、大阪府の松井一郎知事らと都内で会談し、2025年の国際博覧会(万博)の誘致委員会のトップ就任要請を受諾した。榊原会長は、大阪での万博開催は「日本経済の成長を持続的なものにし、観光振興にも大いに資すると期待している」とし「経団連としてもさまざまな形で応援し、後押しして参りたい」と話した。

 同席した世耕弘成経済産業相は「第4次産業革命がもたらす社会の変化やライフスタイルを万博を通じて発信することで、(産業革命を)日本がリードしていく一つのシンボルにしていきたい」と述べた。誘致は政府・地方自治体と経済界のオールジャパンで取り組む必要性があるとし「榊原会長に誘致活動を引っ張って頂きたい」と求めた。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

2017/2/7 16:58 日経より転載
posted by さとやん at 17:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そうか、あの甘利にもひどい事件で救済してもらったお礼が麻生派入りですか。【 甘利氏、麻生派入り表明 時事 】


甘利氏、麻生派入り表明

 自民党の甘利明前経済再生担当相は7日、自身が主宰する派閥横断グループ「さいこう日本」の勉強会を党本部で開き、側近議員4人とともに麻生派に加入することを表明した。この後、同派入りを決めた理由について記者団に「私の信条と合う」と説明した。9日の同派会合で了承される。
 甘利氏と行動を共にするのは、田中和徳、山際大志郎、福田峰之、中山展宏の衆院議員4人で、いずれも甘利氏と同じく神奈川県が地盤。さいこう日本の活動は今後も継続する。甘利氏は2012年に山崎派(現石原派)を離脱して以降、無派閥だった。(2017/02/07-16:39) 時事ドットコムより転載

posted by さとやん at 17:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人助けに使う税金を天下りのためにむだ遣いして、何が、「人助けでやった」だ、ふざけるなと言いたい!【 文科省天下り集中審議 問題のOBが強弁「人助けでやった」 天下り問題で揺れる文科省 ゲンダイ 】


文科省天下り集中審議 問題のOBが強弁「人助けでやった」


天下り問題で揺れる文科省(C)日刊ゲンダイ

 文科省の組織的な天下り問題をめぐる衆院予算委員会の集中審議が7日開かれ、再就職の調整役を担っていた人事課OBなど渦中の人物が参考人招致された。調整役を担っていた人事課OBの「文教フォーラム」嶋貫和男理事長(67)や、一連の責任を取って辞職した前川喜平前事務次官(62)のほか、歴代人事課長8人が出席した。

 “裏の人事課長”と呼ばれる嶋貫氏は、色とりどりの付箋が大量に貼られたペーパー持参で入室。質問に応じる態度は堂々としたもので、「民間人の立場で人助けのつもりでやってきた。規制に対する認識不足を恥じている」と違法なあっせんだったとの認識を否定。「誰かに要請、指示を受けているという立場ではない」との強弁を繰り返した。

■前川前次官は退職金返納を拒否

 一方の前川氏は、「あっせんの枠組みが存在し、人事課が深く関与していたという再就職等監視委員会の認識を事実として受け止める必要がある」と、組織的あっせんの経緯を認めた。「責任を痛感している」「深くおわびを申し上げる」などと頭を下げるものの、退職金返納について問われると「残った調査を踏まえ検討することがあるかもしれない」と濁した。

 組織的あっせんが本格化した13年当時に課長だった伯井美徳氏は「客観的に見れば脱法行為だった。深く反省している」と謝罪した。

 野党は問題追及の姿勢を強めており、他府省庁でも国家公務員法の規制に違反した再就職事例がないかただす方針だ。

2017年2月7日)日刊ゲンダイ より転載
posted by さとやん at 17:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これじゃ、まさに労働者の生き血を吸う死の商人ですね。【 過労死ライン超の残業協定 経団連会長・副会長企業の94% 最高は月150時間、年1200時間 赤旗 】



過労死ライン超の残業協定 経団連会長・副会長企業の94%

最高は月150時間、年1200時間

 労働者に時間外労働をさせる際に結ぶ労使協定(三六(さぶろく)協定)について、経団連の会長・副会長企業17社のうち16社(94%)で、脳、心臓疾患で労災認定される目安となる月80時間の「過労死ライン」を超えていることが、分かりました。本紙が経団連役員企業の協定書について、各地の労働局に情報開示請求したものです。

 17社・35事業所の「三六協定」を調査。1カ月の協定で最長が東日本電信電話(NTT東日本)の150時間でした。また、月100時間以上とした企業は8社でした。

 1日に延長できる残業時間では、8時間以上が13社、10時間以上が10社です。最高は1日15時間で、所定労働時間を含めると22時間以上働かせることができます。

 年間の残業時間が600時間を超えるのは15社、800時間以上は7社でした。

 経団連の榊原定征会長が相談役最高顧問を務める東レは、月100時間、年間900時間の協定を締結しています。住友化学は月100時間、年間1200時間の協定を結んでいました。

 経団連は今春闘にあたっての方針「経営労働政策特別委員会報告」で、「残業代ゼロ」法案の早期成立を主張し、時間外労働の上限規制でも「抜け穴」づくりを主張しています。

 三六(さぶろく)協定 労働基準法36条は、労働時間が週40時間、1日8時間を超える場合、労使間で協定を結ぶことを規定しています。大臣告示では、上限として月45時間とされていますが、特別条項を締結すれば、無制限に残業させることができます。

2017年2月4日(土) 赤旗より転載
posted by さとやん at 16:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

庶民に追いつめられて右往左往ですね。これが、自民党の利権政治の顛末!石原氏と小池氏は、同じ自民党員、同じ日本会議の幹部同志ですね。【石原氏が一転…小池都知事にツイッターで“反撃”の舞台裏 ダンマリから一転 ゲンダイ 】


石原氏が一転…小池都知事にツイッターで“反撃”の舞台裏 ダンマリから一転 ゲンダイ


 小池都知事から執拗に攻撃をされても、ダンマリを決め込んでいた石原慎太郎元知事が突然、反撃を開始した。4年間、まったく更新のなかった自身のツイッターに小池への「反論」を書き込んだのだ。5日の夕方、ツイッターにこう呟いた。

〈世の中では今もなお、小池知事による豊洲問題に関する質問状に対し、私が具体的な回答をしていないということであるらしいが、それは間違いです。私は全ての質問に対し、ひとつひとつ記憶を遡りながら誠意をもって回答した〉

 慎太郎氏の回答について昨年10月、小池知事が記者会見で「具体的な回答はハッキリ言ってなかった。『記憶にない』『覚えていない』という内容だった」と、バッサリ切り捨てたことに対する「反論」なのは間違いない。実際のところ、〈なぜ豊洲を選んだのか〉といった質問に対して、慎太郎氏は「覚えていない」を連発し、ほぼ無回答だったのだが、それにしても、今まで沈黙を続けていたのに、なぜ突然「反撃」に転じたのか。これから“小池攻撃”を始めるのか。

周囲がアドバイスか

「恐らく、側近だった浜渦元副知事が2日にテレビ出演し“小池批判”をしたことがキッカケでしょう。浜渦さんが、豊洲移転について『都議会が百条委員会を開くなら自分が出席する』と語ったことに意を強くしたのだと思う。慎太郎氏は『豊洲のことは浜渦に任せていた』『俺は知らない』と一貫して主張していた。その浜渦さんが、豊洲のことを聞きたいなら自分に聞けばいいと話した。慎太郎氏は『浜渦が盾になってくれる』『しばらく矛先は浜渦に向かう』と思ったはずです」(都政関係者)

 今年に入って慎太郎氏は、かつての側近や弁護士などと相談し、「反撃」のチャンスをうかがっていたという。4年間、更新していなかったツイッターを利用したのも、周囲のアドバイスだったとみられている。

 小池知事が、再び自分をターゲットにし始めたことに危機感も持っていたようだ

「小池知事が1月20日の定例会見で、豊洲の土地購入について、石原元知事の責任問題を再検証する、と口にしたことに慎太郎氏はわなないたといいます。都民が都に対し、慎太郎氏に土地購入費578億円を請求するよう求めている行政訴訟が2012年から続いているのですが、これまで都は『石原元知事の賠償責任はない』という立場を取ってきたのに、小池知事は従来の立場を再検討すると表明した。慎太郎氏は『これは反撃しないとヤバイ』と思ったようです」(政界関係者)

 この先、慎太郎氏はツイッターを頻繁に使って小池知事に「反撃」してくるのか。小池知事がどんな「再反撃」をするか見モノだ。

2017年2月7日 日刊ゲンダイ  より転載
posted by さとやん at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本の恥さらし!交渉ができないから、ゴルフに逃げているのですね。そんなにゴルフがしたいなら、首相を辞職して毎日やればよい。【 日米首脳会談後にゴルフ「安倍首相がやりたがっている」 トランプ氏が明らかに 東京 】



日米首脳会談後にゴルフ「安倍首相がやりたがっている」 トランプ氏が明らかに

 【ワシントン=後藤孝好】トランプ米大統領は五日のスポーツ専門ラジオ局のインタビューで、安倍晋三首相との十日の首脳会談後、自らの別荘があるフロリダ州パームビーチに移動し、一緒にゴルフをする計画を明らかにした。十一日にプレーするという。


 トランプ氏は「日本の首相が週末にホワイトハウスに来る。彼はゴルフをやりたがっており、私たちはフロリダ州でプレーするつもりだ」と説明。「ゴルフをするのは素晴らしいこと。昼食を取るより、ゴルフコースを回った方が親しくなれる」と親睦を深める考えを強調した。


 インタビューで「賭けをするか。首相は良いゴルファーか」と質問されると、トランプ氏は「分からない。彼はゲームが好きだろうから、私たちは大いに楽しもうと思っている」と回答。「良いゴルファーかどうかは問題ではなく、彼は私のパートナーになるだろう」と述べた。

2017年2月7日 夕刊 東京より転載
posted by さとやん at 16:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

石原城落城近し、石原慎太郎知事が連れてきた森田健作千葉県知事選にも影響必至!【 豊洲問題  石原元知事を参考人招致…都議会委が決定 毎日 】



豊洲問題  石原元知事を参考人招致…都議会委が決定

 東京都の豊洲市場(江東区)の地下水から国の環境基準値の最大79倍の有害物質が検出された問題で、都議会の豊洲市場移転問題特別委員会は7日、石原慎太郎・元東京都知事らを参考人招致し、質疑することを決めた。土地取得の詳しい経緯を調べる。

 土地取得交渉を担当した浜渦武生・元副知事の他、地下水のモニタリング調査で採水や分析を行った業者らも呼ぶ。【川畑さおり】
.
毎日新聞2017年2月7日 13時59分 より転載
posted by さとやん at 16:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。