2017年04月09日

このように戦争は、死の商人のビジネスです。軍需企業株を大量にもっている稲田防衛大臣夫妻も笑いが止まりませんね。戦争で得をする人、損をする人、死ぬ人は誰ですか。【シリア攻撃で防衛関連株が上昇、「トマホーク」製造元など  JST 】




シリア攻撃で防衛関連株が上昇、「トマホーク」製造元など



ニューヨーク(CNNMoney) 米軍によるシリア攻撃を受け米国の軍事関連企業の株は7日の午前中などの取引で買いが目立つ動きを見せた。

これらの企業には、シリアのアサド政権軍の空軍基地への攻撃に使われた巡航ミサイル「トマホーク」の製造元である「レイセオン」社も含まれる。投資家が、米国防総省は今後、同ミサイルの追加調達を進めると判断した可能性もある。

国防総省は昨年2月、2017会計年度での予算編成で、海軍の5年間におけるトマホーク4000発の確保のため20億ドルの配分を求めた。

7日の取引ではロッキード・マーチンやゼネラル・ダイナミックス、ノースロップ・グラマンなどの軍事関連企業の株も人気を集めた。レイセオンと協力してミサイル「ジャベリン」を製造する他、「ヘルファイア」ミサイルも手掛けるロッキード・マーチンの株価は約1%増となった。

トランプ大統領やマティス国防長官が2018会計年度の編成でトマホーク調達のための予算増額を正式に求めるのかは不明。ただ、トランプ氏は先月示した予算案の概要では国防費の大幅な積み上げを要求していた。増額要求の主要な理由として戦闘艦船、戦闘機やミサイルの拡充や性能改善などに言及していた。

米議会上院のマケイン軍事委員会委員長も今年1月下旬に公表した国防費の提案で先端的なミサイル技術への一層の投資が重要との見解を示していた。

これらの事情を勘案すれば米国の軍事関連企業の株が年内を通して人気銘柄となる可能性もある。

2017.04.09 Sun posted at 16:25 JST より転載
posted by さとやん at 19:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍夫妻様 「私や妻が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と森友事件で大見得を切ったのが運の尽きですね。掛け違ったボタンは、早く気づいて、初めからきちんと掛け直すほか解決策はありません。辞任したら楽になりますよ。



安倍夫妻様 「私や妻が関わっていれば首相も国会議員も辞める」と森友事件で大見得を切ったのが運の尽きですね。掛け違ったボタンは、早く気づいて、初めからきちんと掛け直すほか解決策はありません。辞任したら楽になりますよ。

posted by さとやん at 19:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

核兵器も化学兵器も禁止でしょう。なぜ、核兵器禁止条約に反対したのか、説明責任を果たしなさいよ。【 電話会談 首相 化学兵器抑止に責任果たす米の決意支持  NHK 】




電話会談 首相 化学兵器抑止に責任果たす米の決意支持




安倍総理大臣は9日朝、アメリカのトランプ大統領と電話で会談しました。この中で、安倍総理大臣はアメリカ軍がシリアのアサド政権に対し、軍事行動を行ったことについて、化学兵器の拡散と使用を抑止するために責任を果たそうとするアメリカの決意を支持するとしたうえで、同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを高く評価するという考えを伝えました。




安倍総理大臣はアメリカ政府からの呼びかけで、9日午前8時10分から、およそ45分にわたって、トランプ大統領と電話で会談しました。

この中で、安倍総理大臣はアメリカ軍がシリアのアサド政権に対し、軍事行動を行ったことについて、「わが国は化学兵器の拡散と使用を抑止するために責任を果たそうとするアメリカの決意を支持する」と述べました。そのうえで、安倍総理大臣は「同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強いコミットメントを高く評価する。引き続き、緊密に連携していきたい」と述べました。

これに対し、トランプ大統領は軍事行動に踏み切った理由について、「女性や子どもを含む、無実のシリア市民が多くの損害を被ったことを受けて、化学兵器が二度と使用されないようにするために行ったものだ」と説明しました。

また、会談では先の米中首脳会談の結果を踏まえて、北朝鮮や中国への対応をめぐっても意見が交わされ、両首脳は引き続き、日本とアメリカで緊密に連携していくことを確認するとともに、日本、アメリカ、韓国の3か国の結束が重要だという認識で一致しました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「米中首脳会談直後という大変慌ただしい中ではあったが、およそ45分にわたって、シリアや北朝鮮について率直な意見交換を行うことができた」と述べました。

また、電話会談に同席した萩生田官房副長官は、記者団が会談の中で、シリアが化学兵器を使った根拠や、攻撃の正当性について説明があったのか質問したのに対し、「そのようなやり取りはなかった」と述べました。

安倍総理大臣とトランプ大統領の電話会談は、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受けて、今月6日にも行われています。

4月9日 11時21分 NHKより転載
posted by さとやん at 11:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恥を知れ!【“激高”大臣も同行…安倍総理、原発被災地を訪問  テレ朝 】


“激高”大臣も同行…安倍総理、原発被災地を訪問

 安倍総理大臣は、8日朝から福島県楢葉町など東日本大震災の被災地を視察しています。記者会見での激高が問題になった今村復興大臣も同行しています。

 午前11時すぎ、安倍総理は、原発事故による休業から経営を再開して搾ったままの牛乳の原乳を出荷している楢葉町の「蛭田牧場」を訪れ、ヨーグルトを試食するなどしました。8日の視察には、4日の記者会見で原発事故の自主避難者が帰還するかどうかは「自己責任」と発言してその後、撤回し謝罪した今村復興大臣も同行しています。安倍総理は、午後にはこの春に避難指示が一部解除された福島県の浪江町や富岡町なども訪れ、復興関連行事に参加する予定です。

(2017/04/08 11:52) テレ朝より転載
posted by さとやん at 11:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする