2017年04月12日

これは「ポスト安倍」へ向けた動き、風雲急を告げる!【 麻生氏、派閥拡大に意欲 都内で派閥パーティー 日経 】




麻生氏、派閥拡大に意欲 都内で派閥パーティー


 自民党麻生派は12日、都内のホテルで派閥パーティーを開く。45人が所属する第4派閥の同派は山東派(11人)との合流を検討しており、派閥を率いる麻生太郎副総理・財務相が勢力拡大への意欲を表す。合流が実現すると安倍晋三首相の出身派閥である細田派(97人)に次ぐ2番目の勢力になる。

 麻生氏はこれに先立つ6日、谷垣グループを率いる谷垣禎一前幹事長にも一部議員の合流に理解を求める手紙を送った。谷垣氏は「復帰後に話を聞きたい」と返信した。池田勇人元首相が創設した「宏池会」の流れをくむ岸田派などを巻き込んだ「大宏池会」構想も浮上しており、麻生派の動向が注目されている。




2017/4/12 19:11 日経より転載





posted by さとやん at 20:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「無節操」な人たちですね。結局、当選しそうな都民ファーストに群がってきているだけですね。【 長島氏離党の民進より深刻 自民都連「離党ドミノ」止まず 都民ファーストの公認予定者25人中11人は、自民党から移った。ゲンダイ】






長島氏離党の民進より深刻 自民都連「離党ドミノ」止まず


 10日、民進党からの離党を表明した長島昭久衆院議員に党内から白い目が向けられている。「共産党との選挙共闘は受け入れ難い」などと、もっともらしい理由を並べたが、都議選を前に民進党を捨てて、“小池新党”にすり寄ろうとしているのは明らかだ。

「共産党との選挙協力が嫌なら昨年の参院選前に離党すべきでした。都連の幹事長を務める長島氏が“敵前逃亡”したことで、民進党はますます浮足立つことになるでしょう」(政治評論家・伊藤達美氏)

 民進党では、これまでに都議選の公認内定者36人のうち7人が離党届を提出。そのうち4人が小池知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」から出馬する。もっとも、民進党より「離党ドミノ」が深刻なのは自民党だ。都民ファーストの公認予定者25人中11人は、自民党から移った都議や区市議。民進党よりも多い。

「都民ファーストは昨年の都知事選で小池知事を応援して自民党を除名処分にされた“7人の区議”の中から、これからまだ公認候補を選ぶ予定です。他にも『もったいぶって公認を出さなかった自民党より、勢いのある都民ファーストから出馬したい』と意欲を見せる自民党の区市議がまだいます。都連幹部は『小池陣営の切り崩しに歯止めをかけなければ』と表情を曇らせますが、何か具体策があるわけではありません」(自民党関係者)

 都民ファーストは下村博文都連会長のお膝元・板橋区に女優の平愛梨の実弟、平慶翔氏を刺客候補として擁立した。党勢低迷でヨレヨレの自民党と民進党。小池知事の攻撃による離党ドミノは止まらなそうだ。

2017年4月11日/(C)日刊ゲンダイ より転載



posted by さとやん at 19:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

市民と野党が本気で共闘すれば廃案に追い込める。【 共謀罪が成立すれば、個人のメールやライン、携帯電話の通話などが監視されかねない」今国会成立に強い意欲、民進党は全力で廃案へ  Economic】


共謀罪が成立すれば、個人のメールやライン、携帯電話の通話などが監視されかねない」


今国会成立に強い意欲、民進党は全力で廃案へ



 自民党の二階俊博幹事長は11日の記者会見で「党役員連絡会では竹下亘国対委員長から、テロ等準備罪は14日に法務委員会で趣旨説明を行うとの報告があった」と語った。

 二階幹事長は記者団から、月内の衆院通過は厳しいとの声も出ているが、どのように進めていく考えか、と問われ「(審議入りが)遅れてのスタートであるということは認めますが、その後のことについては、これから全力を尽くす。それ以外にありません」と答えた。

 これを踏まえて、今国会での成立を睨み、記者団が国会会期延長について、現段階でどのように考えているか、と訊ねたのには「現段階では何も考えておりません」と答えた。政府・与党は、テロ等準備罪創設への法案を今国会で成立させると強い意欲をうかがわせている。

 一方、民進党の蓮舫代表は同日の党内会議で「いついつまでに国会を通すと日程を決めて数の力で通すような法案ではない」と政府・与党の姿勢を問題視した。

 民進党は「組織犯罪処罰法改正案はテロ対策とは無関係。共謀罪が成立すれば、個人のメールやライン、携帯電話の通話などが監視されかねない」と基本的人権が侵害される可能性を強く指摘、「1億総監視社会になる危険」を訴え、全力で廃案を目指す考え。(編集担当:森高龍二)

2017年04月12日 09:43 Economic News より転載
posted by さとやん at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

選挙活動の自由を規制している公選法の改正を求める。 【 川勝知事  知事選当選でも「投票率5割未満ならやり直し」毎日】。千葉県知事選挙の結果 2017年3月26日投開票 投票率 31.18%(2013年の投票率は31.96%)。




千葉県知事選挙の結果(2017年3月26日投開票) 有権者数 5,148,908人

当選 森田健作1,094,291 得票率68.8%
   松崎秀樹347,194 得票率21.8%
   角谷信一132,532 得票率8.3%
   竹浪永和16,072 得票率1.0%





川勝知事  知事選当選でも「投票率5割未満ならやり直し」

 静岡県の川勝平太知事は11日の定例記者会見で、6月に予定されている次期知事選について「仮に自分が出馬し当選した場合」と前置きをした上で、「投票率が5割を下回ったら、翌日に辞職して選挙をやり直す」と述べた。立候補に関しては従来通り明言を避けた。


 川勝知事は、選挙のやり直しについて「税金を使って選挙を2度行うのは批判もあるだろうが、県民にもペナルティーを科すべきだ」と主張。静岡市議選(3月26日投開票)の投票率が41.16%と低かったのを受けた発言で、「5割未満は無効な選挙。(自身が出馬した)4年前の知事選も投票率が5割に満たなかったが、それも反省している」と話した。

 一方で、出馬の意思は「まだ決めていない」と明言を避けた。これまで次の知事について「他に良い人がいれば譲りたい」としてきたが、出馬、不出馬の表明時期について、「立候補者擁立を進める自民改革会議が誰を擁立するのか待っている。今は県庁の新体制が始まったばかり。5月16日の『新任監督者研修』ごろまでは(選挙など)他のことは考えない」と語った。

 さらに川勝知事は、10日朝に民進党の細野豪志代表代行と会食し、「知事選に川勝知事が出馬するなら応援する。早く決断してください」と言われたことも明かした。【井上知大】
.
毎日新聞2017年4月12日 09時44分(最終更新 4月12日 09時58分) より転載




posted by さとやん at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低投票率の原因は、無党派層には「寝ていてほしい」(森首相)という自公政権の戦略です。また、公選法は、宣伝カー、ハンドマイク、チラシなどを規制している。【 川勝知事  知事選当選でも「投票率5割未満ならやり直し」毎日】



川勝知事  知事選当選でも「投票率5割未満ならやり直し」

 静岡県の川勝平太知事は11日の定例記者会見で、6月に予定されている次期知事選について「仮に自分が出馬し当選した場合」と前置きをした上で、「投票率が5割を下回ったら、翌日に辞職して選挙をやり直す」と述べた。立候補に関しては従来通り明言を避けた。


 川勝知事は、選挙のやり直しについて「税金を使って選挙を2度行うのは批判もあるだろうが、県民にもペナルティーを科すべきだ」と主張。静岡市議選(3月26日投開票)の投票率が41.16%と低かったのを受けた発言で、「5割未満は無効な選挙。(自身が出馬した)4年前の知事選も投票率が5割に満たなかったが、それも反省している」と話した。

 一方で、出馬の意思は「まだ決めていない」と明言を避けた。これまで次の知事について「他に良い人がいれば譲りたい」としてきたが、出馬、不出馬の表明時期について、「立候補者擁立を進める自民改革会議が誰を擁立するのか待っている。今は県庁の新体制が始まったばかり。5月16日の『新任監督者研修』ごろまでは(選挙など)他のことは考えない」と語った。

 さらに川勝知事は、10日朝に民進党の細野豪志代表代行と会食し、「知事選に川勝知事が出馬するなら応援する。早く決断してください」と言われたことも明かした。【井上知大】
.
毎日新聞2017年4月12日 09時44分(最終更新 4月12日 09時58分) より転載


posted by さとやん at 19:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、行政による殺人事件ですね。命綱を切った責任は重いですね。千葉県でも、県営住宅の家賃滞納者に減免制度を教えず、退去命令を出し銚子で母子心中事件が起きました。【 生活保護廃止された翌日に自殺 東京立川市の40代男性 産経 】。


生活保護廃止された翌日に自殺 東京立川市の40代男性


 生活保護の廃止決定処分を受けた東京都立川市の40代男性が処分翌日に自殺したとして、弁護士らが11日、小池百合子都知事あてに、原因究明と再発防止を求める文書を提出した。遺書は見つかっていないが、弁護士の宇都宮健児氏は「生活保護の廃止と自殺との因果関係は極めて強いと判断できる」と指摘。一方、立川市は「保護の廃止決定は適切に行っている」としている。

2017.4.12 09:43更新 産経より転載
posted by さとやん at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、行政による殺人事件ですね。命綱を切った責任は重いですね。【 生活保護廃止された翌日に自殺 東京立川市の40代男性 産経 】



生活保護廃止された翌日に自殺 東京立川市の40代男性


 生活保護の廃止決定処分を受けた東京都立川市の40代男性が処分翌日に自殺したとして、弁護士らが11日、小池百合子都知事あてに、原因究明と再発防止を求める文書を提出した。遺書は見つかっていないが、弁護士の宇都宮健児氏は「生活保護の廃止と自殺との因果関係は極めて強いと判断できる」と指摘。一方、立川市は「保護の廃止決定は適切に行っている」としている。

2017.4.12 09:43更新 産経より転載
posted by さとやん at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これは、ばかばかしい茶番劇ですね。どちらが勝っても財界と米の手のひらの上で、自民党同士が言い争っているだけですね。市民と野党の共闘から、目をそらすための演出ですね。【7月都議選へ全開!安倍自民、小池知事に宣戦布告 日刊スポーツ 】



7月都議選へ全開!安倍自民、小池知事に宣戦布告


 安倍晋三首相(自民党総裁)は11日、東京都議選(7月2日投開票)を前にした党都連の総決起大会で、小池百合子都知事が事実上率いる「都民ファーストの会」との激突に向け、戦闘モードを全開にした。「急に誕生した政党に、とても都政を支える力はない」と、断言。その上で「都連は、小池さんに少し嫌われているかもしれないが、歯を食いしばって支え、前に進めるのが我々自民党の責任だ」とも述べ、都議選「後」を見据え、小池氏との連携継続に期待を示した。

 小池氏系勢力の躍進の半面、自民は現有議席(58人)からの減少が指摘される。首相も「東京で自民党に風は吹いていない。難しい選挙だ」と認め、「風が吹かないなら足を使い、自分たちの力で風車を回す。まなじりを決して、必ず勝ち抜く」とはっぱをかけた。

 また「確かにいろいろあったが、それを乗り越え、小池さんとも協力し、東京五輪・パラリンピックを成功させたい。小池さんがやろうとしていることが正しいなら、しっかり支える」と明言。この言葉に会場の拍手はまばらだったが、都議選と五輪での協力体制は分ける認識を示し、「大人の事情」もにじませた。

 当の小池氏は12日まで都庁での公務予定がなく、大会も欠席したが「新しい都政への協力」を呼び掛けた祝電を寄せ、こちらも自民との完全断絶は回避。首相は、「(祝電は)ありがたい」と持ち上げた。

 都連内の「対決モード」は、首相以上だった。萩生田光一内閣官房副長官(東京24区)は、「過去にひとときの風で当選した政党や議員が都政にもたらしたのは、混迷と停滞だけ」と指摘。自身の元秘書が、「都民−」から地元の板橋区に出馬する因縁に見舞われた下村博文・都連会長は、「負けるわけにいかない」と、2度も繰り返した。

 会合には5000人以上が集まり「数の力」を見せつけた自民党。この日の熱気が、都議選での支持に結びつくか。【中山知子】

[2017年4月12日9時31分 日刊スポーツより転載紙面から]


posted by さとやん at 18:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森友質問で激高して介護法案を強行採決するとは、正気の沙汰ではない。森友事件が安倍政権の急所ですから、昭恵夫人を証人喚問するまで攻め抜きましょう。【 介護法案の採決を与党強行 衆院委、森友質問に反発 共同 】


介護法案の採決を与党強行 衆院委、森友質問に反発

 高所得者の介護サービス利用の自己負担を3割に引き上げることを盛り込んだ介護保険関連法改正案は12日の衆院厚生労働委員会で、自民、公明両党と日本維新の会の賛成多数により可決された。与野党は14日採決で実質合意していたが、民進党が改正案と関係のない森友学園問題を質疑で取り上げたことに与党が反発して方針を変更、採決を強行した。民進党は「森友学園の質問封じだ」(山井和則国対委員長)と批判した。

 与党は週内にも衆院を通過させ、参院の審議を経て5月上旬ごろに成立させる日程を描く。

2017/4/12 18:05 共同通信より転載
posted by さとやん at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする