2017年02月27日

安倍政権に任せていると、労働者は消耗品扱いで、戦死か、過労死ですね。市民と野党の共闘で人間の尊厳を守る社会をつくりましょう。【 残業「月100時間」 経団連と連合が初会談 FNN 】



残業「月100時間」 経団連と連合が初会談


忙しい月の残業時間を上限「100時間」とするかどうかについて、経団連と労働組合の中央組織である「連合」のトップが、初めての会談を行った。
「働き方改革」をめぐり、政府は残業時間の上限について、年間720時間、月平均60時間としたい考えで、忙しい月の上限は100時間とする案を提案している。
経団連の榊原会長が、政府案に一定の理解を示している一方、連合の神津会長は「月100時間は到底あり得ない」と批判していた。
榊原・神津両会長は27日午後、都内のホテルで30分ほど会談し、繁忙期の残業時間の上限や、例外とする職種の範囲などについて、詰めの協議を行った。
両者の主張には隔たりが大きく、会談は今後も引き続き行われるものとみられる。

02/27 22:05 FNNより転載
posted by さとやん at 23:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: