2017年04月15日

何が「風雪に耐えて5年」だよ。森友事件に象徴されるように私腹を肥やし、99%に貧困を押し付けた5年、憲法違反の戦争法を強行するなど横暴の限りを尽くした5年でしょう。【「風雪に耐えて5年の八重桜」安倍晋三首相、桜を見る会で一句 産経】




「風雪に耐えて5年の八重桜」安倍晋三首相、桜を見る会で一句







 安倍晋三首相は15日午前、東京・新宿御苑で恒例の「桜を見る会」を開いた。首相はあいさつで、第2次政権が5年目に入ったことに触れ「風雪に、耐えて5年の八重桜」と自作の俳句を披露。国会で野党から追及を受けている学校法人「森友学園」問題を念頭に「特に今年の前半は本当に風雪に耐えている。今日見る八重桜はひとしおだ」と感慨深く語った。

 この日は晴天に恵まれ「私は晴れ男。今日も晴れると信じてきた」と胸を張った一方、風が強く「だいたい常に逆風だ」と述べて出席者の笑いを誘った。

 「桜を見る会」には約1万7千人が参加。皇族や政財界の要人らのほか、歌手の五木ひろしさんや俳優の吉田鋼太郎さん、人気アイドル「ももいろクローバーZ」のメンバーら各界の著名人が招かれ、首相と記念撮影をするなど春の陽気を楽しんだ。

2017.4.15 11:14更新 産経より転載
posted by さとやん at 18:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: